itabasitaroukun’s diary

東京地理の超簡単な覚え方はコレ!!

東京地理の簡単な覚え方はコレ!!新人タクドラさん必見!!

 

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp

 

 

 

 

 東京地理習得の大革命!!複雑な東京地理をスッキリシンプルに変える

魔法のノウハウで都内の地理の要である山手線沿線エリアを徹底攻略!!

これが賢い覚え方!!誰でもムリなく早期習得確実!!

 

東京地理は都心部からの、都心部への円滑なアクセスを追求した

成立ち。この構成原理を活かせば、その地理構成の合理性同様、

効率的な習得が可能。当たり前の様で実はここが盲点!!

 

 

超複雑な都心部の道を地理不案内のまま走る事は自滅行為。

あっという間に免停です!!事故やクレームにも直結。

 

道は走らなければ覚えません!!

 

東京地理の適切な学習法は、あくまで「真ん中」から

覚える事です。何故なら、上記の様に東京地理とは、23区全てに

おいて一貫した、中心との関係性により成り立つ構成だからです。

 

中心からは、中心へはどこへでも自在に繋がる構成です。

従って、都心部の地理習得なしには決して習得は成し得ません。

断片的な地理をランダムに組み合わせるような覚え方では、

途方に暮れる程の労力が必用になります。

 

東京地理攻略の大前提は都心部の習得です。

 

最も地理が複雑である都心部の地理を攻略しなければ先へは

進めません。これは決して理屈だけの話ではなく、現実そのもの

です。東京地理の成り立ちには明確な理論があります。目的が

あります。これに従い、利用する事で自ずと適切な習得法が

見つかります。

 

確かに都心部の地理は複雑極まりなく、都内特有とも言える

交通ルールもあります。交通量も圧倒的。新人さんが

真っ青になるのも理解できます。理論と現実の間には大きな

隙間が空いています。これを埋めるノウハウが必用です!

 

えっ!??そんな都合のいい話があるの??

 

って感じでしょうが、実はあるんです。

 

はい、確かにあります。それが「複雑な東京地理を

スッキリシンプルに変える魔法のノウハウ」です。

 

これにより、今回学習する山手線沿線エリア内では、

起点を問わず、自在な経路構成が可能になります。

経路構成のシステム化ともいえる、画期的な学習法です。

これを可能にするのが、東京地理の合理的な構成原理なんです。

これにより、都心部23区全ての地理が自然に繋がるんです。

ほんの一跨ぎで。一つ覚えれば後から全てが付いてくるんです。

これを効率的と言わずに何というのでしょうか?

 

「真ん中」から覚えるとは、そういう事なんです。

では、どのように複雑な地理をシンプルにするか?ですが、

実は非常にシンプルな話です。まさに単純明解。

バカみたいな話です。

 

具体的な説明をしましょう。

 

都心部とは、山手線沿線エリアの事です。このエリアが

東京地理の要。ここから全てに繋がる構成であることは

再三説明済みですね。そして、このエリアとは、見た目は

非常にややこしいですが、その構成には明確な目的が

感じられます。非常に単純なものです。

そして、実は見所さえ理解すれば非常にシンプル。

 

東京のど真ん中は皇居ですね。その周りに内堀通り

外堀通りという環状道路がそれを囲みます。

更に言うなら明治通り、山手通り、環七、環八も同様。

そして、中心からは放射状に四方八方に道が広がります。

この構成は、言うまでもなく、中心に最短距離で繋がる為

のものです。そして、同時に都心部の範囲内であれば自在に

経路構成が可能な構成です。

 

つまり、山手線の沿線エリアとは、たった3本の道を基軸と

した地理構成なんです。この3本さえ覚えれば山手線29

全てに繋がる訳です。このシンプルな構成をまず理解して下さい。

このエリアの習得とは、ズバリ、山手線の駅全てを覚える事。

東京の路線で最も一般的であると同時に、電車も道路も

これを基軸に成り立つという事実をまずは理解して下さい。

 

ここでの学習過程は山手線29駅のうち、56駅を営業エリア

に選定し、それぞれを起点に山手線28駅全てに行く実際の

運行経路をリアルにシュミレーションしながら覚える事。

これにより、このエリア内では全ての交通機関の駅に簡単に

行けるようになります。エリア内では、主要な幹線道路なら

ほぼ全て覚えられます。

 

たった28駅覚えるだけでこれだけの学習効果。

これが構成原理に従うという事です。

たった3本の道に合理的に繋げるノウハウがそれを可能にします。

これが魔法のノウハウです。具体的に説明します。ここでの

学習目的は上記の通り。3本の道が山手線の駅ほぼ全てに繋がる事も

説明しました。では、この目的に沿った道が他にもあるなら、

その実務的な活用術を覚える事が、より効率的な学習法に繋がります。

 

はい、これを徹底します。あくまで実務的、効率的に。

その結果、この山手線エリア内で覚えるべき道は7本。

たった7本です。この7本が23区全てに繋がる基軸となる

地理を構成します。一見複雑極まりない東京地理ですが、

その習得の為に要約すると、たった7本という道に限られます。

 

たった7本を覚える事が難しいですか??

 

いいえ、バカみたいな話です。超簡単です。

しかし、あくまでも実務レベルにこだわった当教材。

この7本の実務的な活用術を徹底的に追及します。

これが経路構成のシステム化に繋がるからです。例えば、

ある起点の駅を設定したとしましょう。そこからお客様

をお乗せしたら即座に経路構成できるのがタクドラです。

ここで悩んでいたらお客様は逃げてしまいます。

 

考えてる暇はありません。機械的、自動的な経路構成

ができなければなりません。これを可能にするのは知識だけ

ではダメです。知識の実務的な活用法を知らなければ。

タクドラの場合は、勿論道の使い方、つなぎ方です。

これが活用術です。

 

では、上記の7本とは?はい、内堀通り外堀通りは言う

までもありません。ど真ん中の道ですから。これでまず2本確定。

次に山手線沿線を囲む道3本。これも当然です。具体的にいうと

古川橋から池袋までの明治通り、品川から上野までの中央通り、

そして、不忍通りです。これらは、それぞれ多くの山手線の駅に

繋がります。

 

そして、さらに2本。それは外苑西通り外苑東通り。これらも

かなり多くの駅に繋げる中継の道です。直には繋がらなくても

非常に重要です。外苑西は8駅に、外苑東も8駅に繋げてくれます。

まさにここでの目的に沿った道です。

 

この7本を覚える事が東京地理攻略の最短距離に繋がります。

7本を制する事が全てを制する事になります。

たった7本です。全く東京地理を知らなくても覚えられます。

超簡単です。バカみたいなレベルですね??

 

このノウハウによってお勧めエリア6駅を学びます。

このノウハウは経路構成のシステム化と言いました。

1つ覚えれば6駅全てに通用します。いえ、山手線エリア全域で

通用します。さらにそのエリア外にも通用します。

えっ??そんなバカな??ですって??

 

はい、クドイようですが、これが東京地理の構成原理に

従うという事です。この原理上、非常に合理的な構成です。

但し、あくまで原理上です。これに沿わない経路構成の場合は

決して東京地理は万能ではありません。ここは誤解しないでください。

あくまで、中心へ行く場合、中心から行く場合においてのみ、合理的

な経路構成が可能という事です。一概には言えない場合もありますが。

 

今回お勧めする6駅は新人さんでも十分通用しつつ、営業面でも

非常に有意義だと思われるエリアを選定しました。渋谷、恵比寿、新宿は

タクドラにとって特別な場所。非常に一般的な営業エリア。

そして、この6駅の内、五反田~原宿までの連続した5駅を選んだのは

港区との営業にシフトしやすいという利点があるからです。

 

港区こそタクドラの聖地ともいえる場所。これほどいい営業場所は

そうそうありません。単価、乗車率、客層と完璧に揃ってますから。

この山手エリアの後、23区編を発売予定(7)ですが、ここでは

勿論、港区を営業エリアに選定しています。新人さんでも通用するという

条件も考慮した上で。

 

はい、六本木です。これ以上新人さんにとって有意義なプランは

ないでしょう。六本木を起点に23区全ての駅に行く経路を学びましょう。

勿論、実際の運行経路をシュミレーションします。三鷹や武蔵野等含む

23区のタクドラが営業できる範囲内全ての駅を学びましょう。

但し、都電荒川線のみ除きます。

 

それでは、新人タクドラの皆様がよりよい営業を実現して

頂く為、これからも教材のラインナップを充実させ、少しでもお役に

立てれば幸いです。ご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

www.dlmarket.jp

www.dlmarket.jp