読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itabasitaroukun’s diary

東京地理の超簡単な覚え方はコレ!!

新人タクシー運転手の為の図解で覚える東京地理実務教材

 超基礎編と山手線沿線エリア習得編お勧めエリア集

商品登録完了、間もなく販売開始!!

 

f:id:itabasitaroukun:20170223141453j:plain

 

 

 

f:id:itabasitaroukun:20170223141353j:plain

<a href="http://www.dlmarket.jp/products/detail/482264" target="_blank"><img src="https://dlmarket-jp.s3.amazonaws.com/images/consignors/167/16719/04121800_58edecc80dc0d.jpg" width="100" alt="DLmarketで購入" border="0" /></a>

 

タクドラにとって東京地理の習得は必須。そして早ければ早い程よし。
地理不案内は違反事故クレームに直結。そして、何より自信をもって
運行できません。これではプロのサービスとはいえません。

でも超複雑で難しい東京地理です。これを早期習得するなんてできるの??
どうやって??どのくらいで覚えられるの??

はい、超簡単にスピードマスターするならコレ!!
全く東京を知らない北海道から昨日来たばかりの方でも大丈夫。全くハンデなし!!
どなたでもムリなく簡単に覚えられるノウハウがあるんです。

えっ、どうやって??

はい、複雑なものはスッキリシンプルに要約すればいいんです。
まずは概要の把握から。物事には順序があります。
いきなり複雑な東京地理の全体像を直視すると誰でも真っ青になります。

こんなややこしいもの覚えられるか!!と怒りすら感じます。
しかし、東京地理は非常にうまくできてます。圧倒的な交通量を円滑に
流すことができる機能性に富んでいます。つまり、非常に合理的にできてるんです。
見事な完成度といえます。その構成原理の合理性を理解する事が早期習得の
絶対条件といえます。つまり、理に従えば自ずと適切な学習法が分かるというもの。

逆らってはいけません。逆らうから難しくなるんです。見た目のややこしさに
目を奪われてはいけません。改めて見直すべきです。東京地理の構成とは?
その目的とは?この原点に真剣に向かい合うべきです。

では、ズバリ言います。東京地理の構成とは?その目的とは?

はい、東京地理は、中心からはどこにでもスムーズに行け、中心へはどこからでも
スムーズにいけるように作られています。23区全ての構成はこの構成原理に
より成り立っています。これが原理原則です。これに従った学習こそが適切な
覚え方です。全ては中心との関係性により成り立つ構成ですから、中心から覚えるのが
理にかなっているという事です。

何故なら、中心さえ覚えれば全てに繋がるからです。この構成において、断片的な地理
を少しずつ積み重ねる覚え方は、全くのナンセンスと言わなければなりません。
1度で済むことを何度手間にもしてしまう事になるからです。

一つは全てに、全ては一つに繋がる東京地理です。まずは中心から覚える事が
鉄則!!これにより後から全てが付いてくるんです。イヤでもついてくるんです。
これが合理的、効率的な覚え方です。

そして、複雑な地理を要約するとは、理にかなった成立ちを理解すれば自ずと
分かる事ですが、中心と外とがどのように繋がっているのかを把握し、
その最も太い繋がりを東京地理の骨格として、この基軸となる地理構成を
組み立てる事です。この骨格に徐々に肉付けしていけば、やがては23区全て
の地理が完成します。

砂の上には家は建ちません。確固たる強固な土台の上に積み重ねてこそ
大きな家が、頑丈な家ができるわけです。

では具体的に骨格とは??

東京地理の要は山手線沿線エリアです。これを形成する主要な道は7本です。
内堀通り外堀通り外苑東通り外苑西通り明治通り不忍通り、中央通り
の7本です。この7本を制する事が全てを制する事に繋がります。
この具体的ノウハウを習得する事が、この「超基礎編」です。

道を覚えるとは、その使い方を覚える事です。タクドラが運行経路を構成する
上で、有効な地理の知識とはこれに尽きます。道そのものを覚えても意味が
ありません。「この道はここが起点でどの道とどう交わり、どこで分岐して
合流して・・・・終点はここ」こんな知識はいりません。これは後から身に付く
もので今いきなり覚える事ではありません。


これを覚える事を学習と思ってたら大間違い!!何の役にも立ちません。
タダの雑学に過ぎません。知識とは使い方を知る事です。活用できてこそ
知識なんです。当教材では余計な雑学は一切やりません。
今すぐ役に立つ知識を学ぶためのものです。

東京地理の早期習得の鉄則は真ん中から覚える事といいました。
そしてこの真ん中とは、山手線沿線エリアであるとも言いました。
では、この真ん中を覚えるとは??

はい、山手線の駅29駅を覚える事です。行けるようになる事です。

全てにです。これが基本です。何故なら、これにより中心と外との繋がりが
明確になるからです。曖昧な線ではなく、太いパイプで繋がっています。
これが、中心からはどこへ行くにしてもハッキリとした道標になります。
その逆も然り。このレベルになれば自由自在に23区を走りこなせます。

これを目指すのはまだまだ先の過程ですが、この超基礎編はその実戦前の
基礎トレーニングとして欠かせない過程です。これにより今後の学習が
驚くほど簡単になります。どうせ勉強するなら楽する事。

努力根性は昭和のスポ根の世界で十分です。現実世界では避けるべきです。

では、具体的な話に戻ります。山手線の駅は29あります。これを覚える
事は大変です。名前だけでも大変です。まあ、これは仕方ありません。
覚えるしかありませんから。では全ての駅に行く経路を覚える事は?
もっと大変そうですね??

いいえ、全然大変ではありません。何故なら、山手線29駅とは、たった
3本の道さえ覚えれば、その3本に繋げる事さえできれば行けるからです。
少々語弊がありますが。たった3本の道を覚える事が難しいですか?

そして、中心からこの3本に繋ぐうえで非常に重要な道が4本あります。
これも覚える必要があります。これが東京地理の骨格である7本です。

この7本の道の使い方を具体的に、実務的レベルで今覚えましょう。
その上で次の学習過程である山手線沿線エリア習得編に臨みます。そして、
この過程では29駅の内、任意で5~6駅を選び、そこを起点に28駅全てに行く
実務経路を詳細な図解で学びます。これにより、山手線沿線エリア内では全ての
交通機関の駅に簡単に行けるようになります。何故なら、この学習過程で
学んだ知識だけで行ける経路だからです。

つまり、この過程を終了した時、このエリア内であれば主要な道のほぼ全てを
覚えてます。わざわざ地下鉄の駅だけ覚える学習は不要です。JRの他の駅
を覚える学習も不要です。場所さえ分かれば経路は自在に構成できるように
なってます。これが後から全てが付いてくるという事です。

そして次の過程である「23区全ての駅攻略編」に続きますが、
山手編さえ習得すればここでの学習は超簡単。これも同様に後から付いてくる
からです。基本となる地理構成の延長線に23区全ての駅は含まれています。

このように、適切な過程を適切な学習法で覚えれば、東京地理は決して
難しくありません。確実に誰にでも早期習得が可能です。その為の最も基礎
となる、飽くまで実務的レベルでの予備知識の習得が超基礎編での学習です。
そして、非常に簡単です。バカみたいなレベルです。こんな簡単な事で
本当に早期習得になるの??って感じでしょう。

しかし簡単でなければウソなんです。複雑なものをスッキリシンプルに
するノウハウですから。そして、これが東京地理の正体なんですから。
一見ややこしい地理構成ですが、見どころを理解してればこうなるという事
です。ハッキリいいます。

この超基礎編は革命を起こします。地理習得に悩む全ての皆様に
明るい展望を切り開いて見せます。何故難しく感じていたのか
明確な回答を示します。それは複雑な物を複雑なまま見ているからです。
基軸となる地理構成の組み立てができないから難しく感じているだけなんです。

ここで学んだ知識があれば、山手線29駅を覚えるという気が遠くなる程の
学習量はほんの数分の一で済みます。例えば、山手線の駅はほぼ3本の道に
沿ってると言いましたが、その内最も多くの駅に繋がるのは明治通りです。
9駅に行ける道です。この知識は、一つの起点に対してではなく、どこを
起点にしても有効な知識です。

例えば、渋谷駅は明治通りに沿ってます。ならば、同様に明治通りから行ける駅
全ては経路説明などいりませんね。少々語弊がありますが。同様に不忍通り
中央通りも同じように考えればいいんです。28駅に行く経路は28通りではなく、
もっと少なくていいわけです。明治通りから不忍通りに、又は中央通りに
繋げる場合も、あるお決まりのパターンというのがありますから、これに
従えば簡単に行けます。これを覚えるのが超基礎編です。

骨格となる7本の道を自在に繋ぎ経路を構成する。これが中心エリアの地理習得
のテーマです。そして、必須条件です。これなしには決してシンプルにはなりません。
複雑な地理は複雑なままです。難しいまま覚えるのは大変な事です。
2~3年という気が遠くなるほどの習得期間が必要になるでしょう。
膨大な時間を労費してしまいます。事故違反クレームというリスクにも
対処できないままに。


どうせやるなら超簡単スピードマスター!!地理不案内はもう他人事!!
楽しく学んで楽々スキルアップ!!自ずとモチベーションも高まります。

断言します!!

東京地理は難しくありません。必ず誰でも覚えられます。
努力根性はいりません。努力は必要最低限で十分。
但し、この魔法のノウハウがあればの話。

そして、ここでの学習は次の過程である山手線習得編に続かなければ
意味がありません。この過程を終了する頃には確実にこの超基礎編の
学習効果をイヤでも実感できるでしょう。いえ、終了しなくても
学習中に感じるはずです。
なんでもっと早く教えてくれないの!?
なんで誰も教えてくれなかったの??
と必ず言わせて見せます!!

 

山手編お勧めエリア集では恵比寿を中心に前後2つの駅と、新宿を

加えた計6駅を学びます。この範囲を選んだ理由は港区とのアクセス

がいい恵比寿とその前後2駅を覚える事で、港区への営業へとシフト

しやすいから。そして、新宿渋谷を知らずにタクシーは語れません。

この範囲を覚えれば、新人さんといえど、必ずいい売り上げに繋がる

はずです。超基礎編を確実に身に着ければ、山手線沿線習得編は

スラスラ進みます。なんだ、「こんなものなの??」と

必ず言わせて見せます。はい、こんなものなんです、実際。

「一体何をこんなに悩んでいたんだろう」って感じです。

 

複雑な東京地理をスッキリシンプルに変える魔法の教材、

図解で覚える東京地理実務教材超基礎編と

山手線沿線エリア習得編お勧めエリア集

は間もなく販売開始です。

ご覧頂き有難うございました。是非ご活用下さい。