読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itabasitaroukun’s diary

東京地理の超簡単な覚え方はコレ!!

東京地理の超簡単な覚え方  これでスイスイ23区全ての駅へ。超簡単スピードマスター!!新人タクドラさん必見!!

新人さんの最も大切な仕事は「勉強」する事。

「でも勉強は辛い、ダルい、面倒くさい!!」

では、何故辛いのでしょうか?

itabasitaroukun.hatenablog.com

それは、何をどれくらい勉強すればこれだけの

結果が得られると、明確な「努力の量」が分からない

からでしょう。これが分かればモチベーションもまた

明確になります。辛い勉強に対して前向きになれます。

 

東京地理は、その名の通り「地」の「理」です。

「理」は理論の理です。つまり理屈です。

実際に東京地理は非常に合理的設計により構成され

ています。この「理」を理解できれば「やこしい」

から「何と便利な」に変わるんです。

複雑な東京地理への認識が確実に一変します。

 

確かに東京地理は複雑です。覚えるのは簡単な事では

ありません。しかし、

田舎の道路を覚える方がよほど大変です。

まとまりがなく、地理構成の目的がはっきり分からない

からです。道が少なくてシンプルですが、

以外になかなか覚えられないもの。そんな経験ありませんか?

勿論、平野部によく見られる碁盤の目のような整然とした

地理構成なら話は別ですが。

 

東京地理は「理」にかなった合理的設計なので、

いくらややこしくても構成原理さえ理解できれば自ずと

適切な覚え方が分かります。「理」に従うだけだからです。

そして、

決して「ややこしい」=「難しい」ではありません。

ここを勘違いしがちなんです。

 

道が多いという事は、それだけ利便性を図った結果です。

使い方さえ覚えれば「ややこしい」から「便利さ」に変わります。

タクシー運転手にとって、使い方を覚えるという事は、

実際の運行経路を覚えるという事です。これは、普通お客様に

教えて貰います。毎日ご利用のお客様に敵うドライバーは

いません。お客様こそ最高の先生です。

 

このお客様から教わった知識を着実に繋げていく。これが最も

重要な勉強です。これを如何に有意義な形で吸収するかが

新人さんにとっての最大のテーマです。

つまり、教わる前に学ぶ事で知識の幅が広がり、より深い理解

へ、より早い習得に繋がります。

しかし、どこから学ぶかという原点を間違えてはいけません。

東京地理習得にとって、最も基本的な大前提を見落としては

いけません。

 

 

タクシー運転手にとって、道を覚えるという事は、

実際に走る事で道の使い方、走り方を覚えるという事

です。実習あるのみです。座学で身に付くものではありません。

しかし、走る為には最低限の予備知識が必用です。

「学び、走り、より広い範囲で知識を繋げていく」

これが実務的な勉強です。道の使い方、繋ぎ方を覚える事です。

 

走れば走るほど東京地理は繋がっていきます。

「一つは全てに、全ては一つに。」

これが東京地理の構成原理が意味する所です。これが原点。

そして、知識は繋げなければ意味がありません。

断片的な地理をパズルのように手探りで繋げるのではなく、

肝心要の都心部の地理さえ覚えれば23区全てに自ずと

繋がるんです。

 

つまり、繋がりとは、都心部との関係性の事なんです。

23区全てに有効な構成原理なんです。

「中心からはどこへでも、中心へはどこからでも行ける」

これが繋がりです。

断片的な知識を積み重ねる学習では

東京地理の何たるかを理解できません。

一度で済むことを何度手間にもしてしまう事になります。

 

簡単な理屈です。非常にシンプルです。誰でも理解できる

単純明解な話です。しかし、それでも都心部の地理習得は、

新人さんにとって大きな壁です。何故なら地理構成の複雑さは

勿論、都内特有の交通ルールもあり、その上で圧倒的な交通量

の中で円滑な運行を全うしなければならないのですから。これは

3重のハードルを乗り越える事です。

 

昨日今日の新人さんにこれを「やれ」という方が無理です。

しかし、予備知識を学ぶ事はできます。これがなければ走れません。

例えば、

東京駅から23区全ての駅へ行けるか?銀座から、新橋からなら?

と問われたら、恐らく新人さんはゾッとするでしょう。

複雑さの象徴のような、まさに都心のど真ん中エリアです。

できれば避けて通りたい所でしょう。

 

しかし、これが勘違いなんです。大間違いです。

このど真ん中こそ基本中の基本です。

このエリアを知らずに何を学ぶのかというレベルです。

ここが原点でなければならないんです。

新人さんにとっては酷な話のようですが・・・。

しかし、東京地理は「理」により成り立っていると

いいました。複雑さ=難しさではないということも。

 

はい、「理」があるのだから適切な過程を積み上げて

いけば必ず完成に繋がるんです。決して難しくない

単純作業をコツコツと着実に積み重ねる事で、それは

可能です。複雑という感性は、構成原理を無視し、

ありのままをありのまま受け入れようとするから

感じる誤解なんです。

 

走り慣れたプロドライバーにとっては、都心のど真ん中

はまさに自分の庭のような感覚でしょう。

何故なら、構成原理をしっかり把握してますし、

都心部などほんの狭い狭い囲いの中に過ぎないからです。

 

複雑なものを複雑なまま覚えられる訳がありません。

「理」に従い要約する事が必用です。

この具体的ノウハウを得れば誰でもムリなく簡単に

習得できます。

山の頂きを目指す事は困難ですが、その一歩一歩は「こぶ」を

乗り越える事でしかありません。いきなり頂上を目指すから

困難に感じるんです。人間は空は飛べません。

着実な一歩こそが、足元をしっかり見据えることが

いつかは頂上へ繋がるんです。

 

適切な過程を積み重ねる事が必用です。

では、その適切な過程とは?具体的になにをすればいいの?

どれくらい勉強ばすればいいの?

の問いに私ならこう即答します。

 

itabasitaroukun.hatenablog.com

このリンクにその答えはあります。明確にお答えします。

難しい事はありません。ただ暗記するだけ。考える事は

ありません。覚えたら走る、そして知識を繋げていく、

繋がりが分かればどんどん繋がる、そして気が付いたら

23区全ての駅へ行けるようになってます。イヤでも。

この過程には決して試行錯誤はありません。

ただ従い、実務経験を重ね、知識の幅を広げていけば

いいんです。

 

itabasitaroukun.hatenablog.com

 

これで地理不案内はもう他人事です!!

ご覧頂き有難うございました。