itabasitaroukun’s diary

東京地理の超簡単な覚え方はコレ!!

東京地理の超簡単な覚え方  これでスイスイ23区全ての駅へ。超簡単スピードマスター!!新人タクドラさん必見!!

これで地理不案内はもう他人事!!
 
楽しく学んで超簡単スピードマスター!!
 

www.dlmarket.jp


 
当教材は、東京地理を全く御存知ない方を対象にしたものです。
 
何故なら、東京のタクシー業界では、北海道、東北などの遠方の
 
地方出身者の方が非常に多いからです。
 
東京地理は非常に複雑な構造です。これは否定しません。
 
しかし、だから難しいという発想は非常に短絡的。
 
実は、大した事ないんです。要は覚え方を知ってるか
 
知らないかだけ。ここでご覧の皆様に質問です。
 
東京地理の構成の基本原理とは?「そもそも道を覚える」
 
とはどんな事?この質問に明確に答えられる方なら
 
当教材は不要。今すぐこのページを閉じてください。
 
しかし、この質問の答えにお悩みの方なら、ここで
 
提案があります。
 
これが東京地理を最も効率的に早期習得する学習法です。
 
 
第一段階
 
都内の地理の構成原理を知る
 
これは言うまでもありませんが、東京地理は、皇居を
 
中心に幾層もの環状道路がそれを囲み、中心から放射状に
 
道が広がるという構造です。これは、中心からはどこへでも
 
自在にアクセスできる構造と言えます。これが「原理」。
 
大元の理屈です。これを無視していいはずがありません。
 
これに従うべきなんです。それにより、東京地理は
 
「真ん中から覚える」ということが分かります。
 
何故なら、それにより一つが全てに繋がるからです。
 
つまり、都心部の地理さえ覚えれば、そこから
 
簡単に23区全ての地理に繋がるという事です。
 
その為には、東京地理における最も基本的な地理感覚
 
を習得しなければなりません。しかし、とっても簡単
 
な事です。たった7本の道を覚えればいいだけ。
 
しかも、極限られた範囲内でです。その7本とは、品川から
 
上野までの中央通り(第一京浜)、古川橋から池袋までの
 
明治通り不忍通り外苑東通り外苑西通り
 
内堀通り外堀通りの7本です。地図を辿って覚えるだけ。
 
これが難しいですか??超簡単です。1時間で覚えられます。
 
たったこれだけの知識が23区全てに繋がる入口を開きます。
 
つまり、都内の地理の構成原理の土台を作るんです。
 
これが複雑な東京地理をスッキリシンプルに変える魔法のノウハウ
 
です。これにより圧倒的な早期習得が可能になります。
 
 
第二段階
 
山手線沿線エリア習得
 
この習得こそが基本中の基本。そして、この段階こそが23区
 
全てに繋がる入口です。ほんの一跨ぎでそれが可能です。
 
当教材では、このエリアを非常に重視します。山手線29駅
 
全てを起点に、それぞれからその他28駅全てに行く経路を
 
詳細に説明します。実際にタクシーが使用する実務的経路
 
によってです。これにより、幅広い営業エリアへの対応が可能。
 
そして、この過程での学習は決して難しくありません。
 
超簡単です。例えば渋谷から28駅に行くなら28通りの
 
経路を覚えなければと思いがちですが、違います。
 
もっともっと少ない手間で済むんです。
 
何故なら、山手線は環状線であり、一駅あたりの距離が非常に
 
狭いからです。かなり重複した経路で28駅全てに行けます。
 
渋谷一つくらいなら、たった数時間勉強すれば簡単に覚えます。
 
渋谷を終え、次は恵比寿を学ぶ時も、同様の理屈が成り立ちます。
 
このように29駅の中から任意で5~6駅を学べば山手編は卒業。
 
お勧めの学習範囲は、五反田、目黒、恵比寿、渋谷、原宿と新宿
 
も加えましょう。ここまで学べばもう十分です。

そして、これまでの学習をクリアできれば、一つの大きな発見

があります。それは、山手線28駅へ行く経路を学ぶ事で、この

エリア内では、全ての交通機関の駅に行くことができるだけでなく、

主要な道、交差点もほぼ習得できるということです。

まさに圧倒的学習効果といえるでしょう。

 
 
第三段階

23区全ての駅へ超簡単スピードマスター!!


ここからはスイスイと学習が進みます。山手編に比べてかなり簡単です。

何故かについては上記で説明済みですね。都内の地理構成の原理の通りです。

中心さえ覚えれば、23区のどこだろうと簡単にアクセスできるのが東京地理だからです。

しかし、この過程からは、ご自身の営業エリアを明確にしなければなりません。上記の

ようにお勧めの習得範囲を学ばれるのであれば、最も有意義なエリアは六本木です。

何故かというと上記の恵比寿を中心とした前後5駅は港区にアクセスしやすいからです。

もし、全く違うエリアを希望される方は、多少の自主的努力が必要になります。

しかし、どこで営業しようと、都心部の地理を知らずに東京のタクシー運転手は務まり

ません。その意味で、港区の中で最も新人さんに適したエリアである六本木を学ぶ事は

どなたにとっても有意義であることは間違いありません。という事で、

ここからは、六本木を起点にした、23区全ての駅へ行く経路を
 
学びます。(都電荒川線は除く)何故六本木かというと、
 
ここは新人さんでもムリなく営業でき、客層、客単価、一日を
 
通した乗車率と全てが申し分ないエリアだからです。道を知らない
 
新人さんが営業するなら、親切丁寧に道案内してくれる紳士な
 
お客様をお乗せした方が無難です。新宿や渋谷は危険です。
 
まずは最初は安全で売り上げも期待できる六本木から
 
始めましょう。その後、営業エリアを拡大しても遅くありません。
 
これが堅実なプランというものです。(但し、いくら港区といえど、
 
六本木は繁華街という側面も持ってます。外苑東通り
 
ミッドタウン側は安全ですが、飯倉側は危険ですので注意。)

六本木は港区です。港区は非常に人気の高い営業エリアです。

そして、港区は、都内の地理構成の原理の通り、お客様の行き先が

様々になる所でもあります。これは新人さんにとって、売り上げと地理の勉強

が両立するという意味からも非常に理想的と言えます。新宿や渋谷ではそうは

いきません。一概には言えませんが、偏った経路になりがちです。新宿なら

青梅や甲州一直線とか、渋谷なら明治や山手、246一直線の様なです。

道が簡単だからという理由で新宿での営業を希望される新人さんが多いようですが、

最初に楽すると後が大変です。「新人です」のマジックワードが使えるのは最初の1年

だけ。その後はプロとしての対応が求められます。この最初の1年でどれくらいの

スキルアップができるかが、その後の明暗を分けるという事を決して忘れてはいけません。


 
 
「道を覚える」とは?
 
これについては、多くの新人さんが誤解しがちなのでは
 
ないでしょうか?「道を覚える」とは、道そのものを
 
覚えても何の意味もありません。道とは使い方、つなぎ方
 
を覚えるものなんです。つまり、「経路」という道を覚える
 
ことなんです。そして、学ぶべき経路とは、実務的経路
 
でなければなりません。これが最も効率的な学習です。
 
これを自分のエリアからはどこへでも行けるようになるまで
 
学べばいいんです。
 
 
 
圧倒的早期習得の根拠とは?
 
新人さんにとって最も実務的な学習とは、お客様に聞くことです。
 
道案内してもらう事です。言うまでもありません。
 
これに加えて、もしこの最も実務的な
 
学習を予習できるとしたら?
 
はい、それを可能にするのが当教材です。最も信頼できる「先生」
 
であるお客様の指南と同時に「教わる前に学ぶ」事ができたら
 
まさに鬼に金棒です。学ぶ機会を2度得られて学ばないのは
 
勿体ない。タクシーは学ぶ仕事です。地理の知識はドライバー
 
にとってのかけがえのない最大の財産です。学ぶ事により、
 
売り上げが向上し、事故違反などのリスクへの最大の自衛策
 
にもなります。東京地理は学ぶ人の味方です。東京地理の
 
非常に合理的な地理構成は、学ばない人には理解できません。
 
ただ無意味に複雑なだけです。学ぶ人にはハッキリと教えてくれます。
 
どう学べばどのくらい身に付き、それがどう給料に反映するかを。
 
そして、複雑に見える地理構成は、裏を返せば利便性です。
 
使い方さえ覚えれば、むしろ経路構成がしやすくて便利なんです。
 
そして、東京23区は非常に狭いんです。北海道、東北の方からすれば、
 
まるで鳥籠の如き。当教材のノウハウと、都内の狭さと、学習の機会を
 
2度得られる幸運。この3つが重なって不可能はありません。
 
必ずどなたでもムリなく圧倒的早期習得が可能です!!
 
 
 
楽しく学んで超簡単スピードマスター!!
 
勉強は辛いです。これは否定しません。しかし、イヤイヤ渋々
 
では何も身に付きません。身に付く勉強とは「楽しい」勉強です。
 
では、「楽しい」とは?
 
仕事や勉強におけるこれは、恐らくこういう事ではないでしょうか?
 
「前向きな姿勢を維持できるマインドをもった状態」とでも
 
しましょう。学び身に付く充実感が前向きなマインドを生みます。
 
この時、自ずと出てくる言葉が「楽しい」ではないでしょうか?
 
日に日にスキルアップする実感を感じながら学べるんです。
 
今日覚えた知識は明日活かせるんです。これを「楽しい」と言わずに
 
何というのでしょうか?タクシーは学ぶ仕事です。別に机に向かって
 
する勉強が全てではありません。実戦で学ぶ勉強もあります。
 
しかし、実戦で失敗しない為には、予め学ぶ必要があります。
 
これが「勝つべくして勝つ、成るべくして成る」という事です。
 
そして、これが確実な成功体験に繋がります。これを積み重ねる
 
ことこそ、本当の「楽しい」ではないでしょうか?
 
勉強は楽しくなければ続きません。まして、明け休みの疲労感、
 
倦怠感を克服しなければならないんです。
 
東京地理習得を自力で成し得る事は、非常に困難です。
 
ねじり鉢巻きで猛勉強しますか?圧倒的なド根性がなければ
 
ムリでしょう。マイカーやレンタカーで走りまくりますか?
 
地理不案内のままでですか?どちらもあまり現実的では
 
ないでしょう。では、もう一つの選択肢を御検討されては?
 
はい、より有意義な選択はここにあります。
 
ご覧頂き有難うございました。

 

www.dlmarket.jp