読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itabasitaroukun’s diary

東京地理の超簡単な覚え方はコレ!!

東京地理の超簡単な覚え方  これでスイスイ23区全ての駅へ。超簡単スピードマスター!!新人タクドラさん必見!!

東京地理の覚え方  東京タクシー求人 転職

東京地理習得のマル秘

マニュアル大公開!!

 

たった2~3か月での

圧倒的早期習得可能!!

私が新人だった頃。東京地理はまるで迷路でした。

私の地元では、非常に整然とした区画が並ぶ、

非常に覚えやすい地理構成だったため、その格差

というと雲泥の差でした。

 

www.dlmarket.jp

地元ではナビなんていりません。迷うことなんて

ありません。道は広く、交通量も少なく、

ややこしい交差点もありません。私が知る限り、

進入禁止標識は市内に一つしかありません。

一方通行もです。

 

右折禁止なんて想像もできませんでした。

なので、地元で20年ゴールド免許の方

でも、東京ではペーパードライバーから

やり直さなければなりません。

www.dlmarket.jp

 

少しも大げさではありません。

そして、東京では、警官の数が異常です。

幹線道路の1000を軽く超える

交差点の内、およそ7割以上には

交番があり、都内数百にも及ぶ駅にも100%

あります。気が遠くなるほどの数です。

 

一体都内には何人の警官がいるのでしょう?

想像するだけで怖くなります。

いつどこでも、「常に見られてる」という

意識を忘れてはいけません。

 

田舎で違反するのと、都内で違反するのとでは、

まるで意味が違うんです。はい、当然ですが、

違反=減点です。

3回捕まれば終わりです。持ち点は6点です。

次は4点で、次は2点で免停です。

(一年以内での新たな違反の場合)

 

都内を安全に運転する為には、上記のように、

交通ルールを遵守するだけでなく、その他

様々なハードルをクリアしなければなりません。

 

複雑な地理構成、都内特有ともいえる複雑で

厳しい交通ルールの把握は勿論、

交通量の多さにも適切に対応できなければならず、

そして、歩行者、自転車、バイクに対する細やか

な配慮も求められます。

 

このように、都内には田舎では考えられない、

迅速、快適な運転を妨げる障害が数多くあります。

 

道がややこしいだけではないんです。

東京地理の習得は、決して一筋縄ではいきません。

つまり、安全運転には、トータルバランスが必用

です。道さえ知ってればいいのではありません。

 

全ての条件をクリアできてこそ、安心、安全、迅速、

快適な運行が可能になるんです。タクシーという

サービスには、これら4つが揃わなければなりません。

日本一距離当たりの運賃が高い乗り物だからです。

 

そして、都会では様々な人がいて、ニーズがあります。

一つのサービスでも多用化します。タクシーも然り。

介護タクシー、観光タクシー、妊婦さんや児童を

送る特殊なサービス、その他色々・・・。

 

このような中で、最も基本的なニーズである、

上記の4つをおろそかにするようでは、もはや

プロとはいえません。

 

プロには、プロの自信と自覚がなければなりません。

道を知らないで自信が持てますか?

免許の点数を守れないで自信が持てますか?

自信の無さはすぐに見抜かれます。

運賃を頂く以上、これではいけません。

 

自分の営業エリアからは、どこへでも迷わず行ける。

この自信がなければプロではありません。

23区を万能に走れる技能は必要ありません。

これではキリがありません。一生勉強です。

 

あくまで自分のテリトリーの中での自信で

いいんです。そして、より広い範囲に対応できる

よう務めることです。この姿勢と努力が自信に

繋がります。自信があるからこそ、いい接客が

できるんです。お客様とのより良好な関係を

築く事になるんです。これが「快適」です。

 

自信のない運転手には、お客様は決して好意的

にはなってくれません。チップはくれません。

道一本間違えたらキレられます。

言われなくてもいい事を言われます。

そして、さらに自信を無くします。

 

自信満々の気持ちいい運転手には、お客様は

好意的になってくれます。道一本間違えた

くらいで怒りません。もし、間違えても

この方はプロなので、プロの対応を心得てます。

お客様は、その姿勢に一目置いてくれます。

これがチップになる事もあります。

 

誠意には誠意で応える。これが大人の世界

というものでしょう。よく、セールスの世界では

お客様にある言葉を求めるようです。

①ありがとう②ごめんなさい➂そんな事ないよ

だったはずです。

 

①は当たり前ですね。②➂は、まさに上記の

ケースで有効な言葉のはずです。

つまり、こちらの落ち度を、むしろサービスの

一部に変換してしまうということです。

 

サービス業とは、お客様を上に立てる事です。

これが最も基本的な姿勢でしょう。

道一本間違えても、対応次第でお客様を

より高く持ち上げることになるんだと思います。

 

でなければ、チップなんてくれません。

「いいよ、いいよ」なんて言ってくれません。

この人の車にまた乗りたいななんて

思ってくれません。

 

自信をもって接客できるドライバーさんは

必ずこのような経験をお持ちのはずです。

ドライバーだって人間です。得意、不得意な

エリアはあるでしょう。しかし、苦手なエリア

でも、乗り慣れたお客様なら、素人かプロかは

すぐに分かります。

 

要するに率直に言うと、舐められたら終わり

ということです。舐められるくらいなら、

乗せない方がマシです。ろくなこと

ありません。サービス業の鉄則ですね。

 

どんな接客でも一緒でしょう。タクシーの場合、

上記のように「自分のエリアでは、どこへでも

行けますよ。」という自信が、エリア外でも

接客次第では有効ということです。

 

ハッキリ言います。ドライバーにとって、

売り上げ向上の為、最も重要な要素とは、

ズバリ接客です。地理の知識は、直接売り

上げ向上に直結するわけではありません。

 

だからこそ、新人さんでもベテラン以上の

売り上げを稼ぐ方がいらっしゃいます。

決して珍しい事ではないでしょう。

しかし、道を知らないうちは、決してプロとは

言えません。プロにはプロの自信が伴うもの。

自信はプライドになり、プライドがプロである

事を自覚させます。

 

道を間違えたら、その落ち度に対して誠意を

もって対応する。これがプライドです。

このプライドを維持する事が自覚でしょう。

私はそう思います。

 

ハッキリ言います。プロを目指すなら、

「道を知らない稼げるドライバー」にならない事。

こんな虫のいい話はありません。これで満足できる

方がもしいたら私には信じられません。

 

少なくともカッコいいドライバーではありません。

どうせなるなら、カッコいいドライバーに、

お客様に喜んでもらえるドライバーになりましょう。

そして、安全、安心は、お客様にとってのものだけでなく、

周囲の交通にとっても同様でなければなりません。

 

ムリな車線変更や割り込み、自転車、歩行者への

配慮の無さ、これらは、全て気持ちに余裕がない

事から生じる行為なのではないでしょうか?

 

何故、余裕がないかというと、地理不案内だったり、

走り慣れてない未熟さが原因だと思います。

「あの交差点右だっけ??いいやこっちだった・・・」

ここで急ハンドルで車線変更。

後ろの車は急ブレーキ。

歩行者の多い交差点では、「この歩行者、邪魔だな・・

早く行けよ!!」と睨み顔。

こんな怖い顔、お客様に見せてはいけません。

 

運転モラルの無さは、接客モラル以前の問題です。

これで堂々と運賃を頂くなんて、私には信じられま

せん。これで免許証を守れるんでしょうか?

 

売り上げ向上に最も重要なスキルは接客です。

これは間違いないでしょう。

しかし、プロの接客には地理の知識があってこそ。

タクシーというサービスは、これがなければ

成り立ちません。

 

そして、地理の知識は、免許証を守ってくれます。

事故違反のリスクに対処する最大の方法とは、

地理の習得です。それもより早い習得です。

これを全うすることは、

知識向上、サービス向上、リスク軽減、末永い

ドライバー生命、そして、売り上げ向上に

繋がるんです。

 

一石五鳥ではありませんか?

 

これを確実に実現するためには?

 

www.dlmarket.jp

 

リンクをクリックして下さい。論より証拠です。

最後までご覧頂き有難うございました。